2013/02/23(土曜) 10:27

アーシングで燃費アップ!!

投稿者: 
このアイテムを評価
(0 件の投票)
車で使われる電気は、まず送り側であるバッテリーのプラスの電気は銅線の
配線によって各電装品まで送られています。マイナスの電気は、ボディーを
伝わりバッテリーのマイナスに戻ります。
ですが、自動車のボディー鋼鈑は、銅線と比べ電気の通導率(抵抗値)が
大幅に違います。
特にボディースポット溶接をしている部分の電気抵抗はどうしても大きく
なってしまいます。
アーシングとはその名の通り「アース(マイナス)の強化」です。
アーシングコードの片側をエンジンヘッドや各電装品の周辺の取り付け
ボルトなどを利用して接続しアーシングコードのもう片側をバッテリーの
マイナス端子に接続する事で各電装品とバッテリーのマイナス端子とが
ダイレクトにつながり電気抵抗によるロスを無くし効率よく電気が流れます。
それにより各部の本来の潜在能力を発揮し、トルクや燃費がアップ
するというものです。

パワーがあがった分アクセルを弱めることで燃費が5%~20%くらいまで上がります。ガソリン代が155円だとしたら7.75円~31円くらい安くなるって感じですね。
音も静かになるのでスピードの出しすぎに注意です。
私(国家一級整備士)の必殺スペシャル加工です。

価格
軽12000円 普通車15000円 3ナンバー18000円




 
7103 回読まれました 最終修正日 2013/02/25(月曜) 14:34